トレイルランニング(Trail running)は、ランニングスポーツの一種で、舗装路以外の山野を走ります。都会の舗装路を走るのとはまたちょっと違う爽快感や達成感を味わうことができます。
また、トレイルランニングでは専用の小型リュックサックや専用の靴、必要な装備が色々あるのでそれらも紹介していきます。

姉妹サイト「ランニングウェア・グッズのランナーモール」

2010年07月06日

トレイルランニングはどこを走る?

トレイルどこ大.jpg


トレイルランニングはどこを走る?


トレイルランニングは実際はここを走る!といったコースは定められていません。


もちろん、都会やアスファルトの上を走るのではありませんが、身近なトレイルランニングとしては近隣の森林公園や自然公園でも十分に走ることができます。


始めのうちはそういった身近なコースから走ることをお勧めします。


だいぶ走りなれてきて、いよいよ本格的にトレイルランニングを始めよう!という場合には様ざまなコースが考えられます。


しかし、そこはトレイルランニングコースとして定められたものではなく、多くは登山道であったり、林道であったりと、さまざまな用途の方が利用されている公共の道路です。

マナーを守って、他人に迷惑をかけない事を肝に銘じて走りましょう!


以下にコースを選ぶポイントを挙げておきます。参考までに!




1)コースは適度に起伏に富んでいると楽しい!

登りは非常につらいもの。しかし、トレイルランニングの楽しさの一つは下りでのスピード感。その為にはある程度の辛い上り坂もこなしていきましょう!


2)数km〜30kmの距離を走れるコースが最適

少しずつ距離を延ばすことを目標に、最大30キロくらいが適度な距離といえます。


3)できるだけ舗装路を含まないこと

せっかくのトレイルランニングならば、硬いアスファルトよりも、やわらかな土道や、バランス感覚の求められる岩場を楽しみたい。


4)標高が高すぎないこと

安全に楽しむためにはあまり無理をしない事も肝心です。あまりに高い山の場合、装備が足りない事も多いので注意!


5)交通手段が豊富

トレイルの始点・終点まで、電車やクルマで行きやすいこと。運行本数の少ないバスの乗り継ぎなどは、できるだけ避けたい。


6)周回コースがお勧めです

車や荷物をどこかに置いておくはずです。帰りにスムーズに行動する為にもぐるっとスタートの戻れるのが理想的です。



*やはり初級の登山道やハイキングコースなど、整備が行き届いていて、安全・安心なコースをお勧めします。あまりマイナーな道や危険な場所、標高が高すぎる山などは走るには負担が大きすぎるし、何より事故やけがなどがあった時が大変です。少し待ってれば誰かが歩いてくるぐらいのコースがいいでしょう。

posted by トレイルランニング上原 at 01:25| Comment(0) | トレイルランニングはどこを走る? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。